最近登場した専業主婦でも契約できるカードローン【メリットを調査】

住宅ローンの活用

貯金箱

契約を結ぶためには

住宅を購入する際、住宅ローンを組んで購入することが多い。これらの住宅ローン商品の1つとしてあるのが、フラット35である。フラット35は、最長35年の住宅ローンを組むことができ、ローン契約時に必要や保険料の支払いが不要などメリットの多い住宅ローン商品である。また、フラット35では、固定金利であり長期に渡り契約時の金利で返済していくことができる。変動金利の場合、金利変動により支払額が大きく変わるため、返済計画が立て辛いということがある。しかし、フラット35では固定金利である為、返済計画を立てやすいということも魅力である。これらのフラット35を利用する場合、その他の住宅ローンと同じように審査が必要になる。フラット35を利用するためには、まずは基本的な条件がある。その条件は、契約時の年齢が70歳未満であることや日本国籍を有していることなどがある。年齢については、親子で返済の計画を立てるのであれば、70歳以上でも契約できるということがある。これらの基本の基準を満たしていない場合には、審査通過することができない。また、審査基準として大きなものに住宅の技術条件がある。その条件としては、耐火基準を満たしていることや一定の敷地面積を有しているかといったことがある。購入しようとしている住宅が、これらの基準を満たしていないと審査通過できない。その他、頭金の額も審査に影響する。全体購入額の1割以上を頭金として用意できれば審査通過しやすくなる。

Copyright© 2017 最近登場した専業主婦でも契約できるカードローン【メリットを調査】 All Rights Reserved.