最近登場した専業主婦でも契約できるカードローン【メリットを調査】

会社の資金繰りへの対策

男性と女性

計画的な利用が重要

会社が資金繰りに困ったときに頼れるのはメインバンクとなる銀行ですが、常に銀行が手を貸してくれるわけではありません。つなぎ融資とわかっていても、銀行は厳しい審査を行いますので、緊急時に対応が遅れてしまう可能性もあります。そのような場合に役に立つのが商工ローンです。商工ローンはノンバンク系の融資になりますので、金利は高いですが、比較的簡単に資金を借り入れることができます。連帯保証人を立てることで資金の借り入れができますが、きちんとした返済計画を立てたうえで借り入れることが重要です。銀行が融資を避ける理由は返済のリスクにありますので、自分でしっかりと返済計画を立てなければなりません。商工ローンの融資元は万が一返済できなかった場合には連帯保証人から取り立てれば済むことですから、本人の返済計画には興味がないのです。金利が高いだけに、融資を受けていれば受けているほど、自分の首を絞めることになりますので、早期に返済するめどが立たない場合には、商工ローンに手を出すべきではありません。商工ローンを借り入れた場合には、銀行側も追加融資を渋る傾向にありますので、さらに資金繰りが厳しくなる恐れもあります。会社の存続を考えた場合、商工ローンを活用して追加の融資を受け入れるべきなのか、それとも、リストラや事業規模縮小により支出を抑制していくべきなのか、十分に比較検討したうえで、方向性を決めることが大切になります。

Copyright© 2017 最近登場した専業主婦でも契約できるカードローン【メリットを調査】 All Rights Reserved.